イギリスの旅、日本への里帰りをお手伝い
facebookTwitter

バンクホリデー期間中の営業時間のお知らせ

営業時間
5月29日(月)10時 – 17時

※弊社では、土曜日の営業時間を10:00~17:00までに変更いたしました。

憧れのコッツウォルズハイライト周遊 1日観光

バイブリー

英国骨董店が軒をつらねるバーフォード、画家ウィリアム・モリスが「英国で最も美しい村」と讃えた静かな村バイブリー、町の中心にウィンドラッシュ川が流れ、「コッツウォルズのベニス」と言われるボートン・オン・ザ・ウォーターなどを巡るツアーです。コッツウォルズのハイライトともいうべき村々に日本語アシスタントがご案内します。そして、さらにもうひとつコッツウォルズの村をご案内いたします。こちらは季節によって見頃となる場所を選んでご案内いたします。

バーフォード
ウインドラッシュ川に架かる中世風の橋が印象的なバーフォードは、由緒ある石造りの家並みが17-18世紀の風景をそのまま残しています。羊毛マーケットで栄えた時代の名残りである建物は、現在の家並みの背後に佇んでいます。骨董店が軒を連ねるかわいらしい村では、アンティーク品をゆっくりと眺めるだけでも楽しいでしょう。

バイブリー
バイブリーは、詩人・画家ウィリアム・モリスに「英国で最も美しい村」と賞賛された村。川沿いの風景は、今なお大変魅力的です。
村の景観を代表する「アーリントン・ロー」は、羊毛の産地として栄えた14世紀に建てられたもの。元来羊毛店だった場所が織工小屋となり、現在はナショナル・トラストにより管理されています。この村の低い屋根と切妻壁の家並みは、まさにコッツウォ ルズ・スタイルを象徴しています。

ボートン・オン・ザ・ウォーター
「コッツウォルズのベニス」と称されるボートン・オン・ザ・ウォーターは、町の中心に流れる、澄みわたったウィンドラッシュ川が印象的です。川に架かる橋の姿も絵画的で可愛らしく、眺めるだけで穏やかな気分になります。昼食時間を含めた長めの自由時間をお取りしますので、パブやレストラン、カフェなどお好きな場所でご自由に昼食をお召し上がりください。

ブロードウェイ
ブロードウェイはかつて駅馬車の宿場町として栄えた村。当時は30軒以上もの宿があり村は旅人たちで賑わっていました。その中の一つ「リゴン・アームズ」ホテルは当時の面影をそのまま残しハイストリートの中心に今も建っています。重厚な石造りのホテルとオレンジ色が美しいハイストリートの家並みをお楽しみください。

 

大人:57ポンド / 子供(3-11才):37ポンド 催行:毎日

スケジュールとご料金

観光箇所
スケジュール
8:00 国鉄ビクトリア駅構内プラットフォーム1番改札口前
8:10 ビクトリア駅出発
10:15 バーフォード(下車、約40分自由行動)
11:30 バイブリー(下車、約50分自由行動)
12:45 ボートン・オン・ザ・ウォーター(下車、昼食時間も含め約90分自由行動)
14:50 ブロードウェイ(下車、約45分自由行動)
その後ロンドンへ戻ります
18:30 ビクトリア周辺にて解散
*訪れる村の順番は変わる可能性があります。
催行期間 2018年3月31日まで
催行日 毎日(7/30、12/25、26、1/1を除く)
最少催行人員 1名
集合場所 朝8:00 国鉄ビクトリア駅構内プラットフォーム1番改札口前 [MAP]
*解散はピカデリー・サーカス周辺になります。
出発時間 朝8:10
所要時間 約10時間20分
料金 大人:57ポンド / 子供(3-11才):37ポンド
食事
変更・取消料 一旦お申し込みいただいたツアーは、催行中止の場合を除き、払い戻し不可となっております。お客様のご都合で変更、取り消しされる場合は、100%の取り消し料を申し受けます。
注意事項 ※ 昼食は料金に含まれておりませんが現地にて昼食場所のご案内をいたしますのでご自由にお取り下さい。
※ 入場料は料金に含まれていません。
※ ロンドン帰着時間は18:30頃を予定していますが、当日の交通事情により遅れる場合もございます。
※ バス内での飲食はご遠慮ください。(水やボトルに開閉可能キャップの付いた飲料は可)
※ イギリスの法令により、乗用車やミニバスに乗車する身長135cm以下または12歳以下の子供は、体のサイズに合ったチャイルドシートを必ず使用しなければなりません。お客様ご自身でご用意いただくか、お申し込みの段階(ご搭乗日の5日前まで)に弊社までご確認をお願いいたします。(年齢・身長・体重を予約フォームの特記事項にご明記ください。)万が一お子様参加で事前に詳細をいただけなかった場合、お子様およびその同伴の大人も乗車不可となる場合がありますのでご注意ください。
※ 現地事情によって訪問先や時間が変更になることがございますので、予めご了承下さい。

 

ロンドン市内観光、イギリス郊外観光、現地発着オプショナルツアーのお申し込み&お問い合わせ